スタッフ

助教 保科 斉生 TOKIO HOSHINA

丸顔、体型、ボウズ、眼鏡などなど教授との類似点があまりに多く感染制御部からオモシロ半分で出向を命じられた保科です。後半はうそです(笑)もともと寄生虫感染症や熱帯医学に興味があり医師を目指した経緯もあり、念願の熱帯医学講座で2年間、基礎・臨床研究を学ばせて頂きました。寄生虫・熱帯医学が好きな理由は『ワクワクするから』としか表現できないのですが、この感覚は小さい頃からなんら変わらない気がしています。
 医師になってからこれまで、感染症をメインに内科診療に携わらせていただき、多くの患者さんや、そこに向き合う医療者からたくさんのことを学ばせていただきました。やはり臨床にも『ワクワクすること』が溢れており、今では臨床も基礎も楽しく、もう24時間では足りない状況です。今後は、慈恵だからできる(?)オリジナリティとエッジのきいた研究を進め、世界に発信していく所存です。科学・医学の膨大な情報にキラリと輝く、ちょっと変わった研究成果を今後も発表していければと思います。

◆略歴

  • 1979年 3800gで出生。母親が母乳を与え過ぎ6ヶ月で9kgになる
  • 1987年 父の留学で3年間アメリカ生活。体重にブーストがかかる
  • 1996年 世田谷区立富士中学校卒業。二次成長期のおかげでBMIは約23まで下がる
  • 1998年 都立戸山高校卒業。アメフトで体重85kgに。医師にもう背は伸びないと宣告される
  • 2001年 浪人中ジム通いで75kgまで減量したが東海大学医学部入学と同時にアメフト入部
  • 2007年 慈恵医大初期研修医。体重は3桁超え、たまに下腿浮腫(pitting +/+)
  • 2009年 慈恵医大感染制御部 入局
  • 2011年 横浜市立市民病院出向1年間。激務でも、それ以上ごちそうになり痩せず
  • 2012年 慈恵医大感染制御部 助教
  • 2014年 生命保険会社の審査にはねられ自転車通勤で85kgまで減量
  • 2015年 熱帯医学講座出向
  • 2017年 慈恵医大感染制御部に戻る。が、隙を見ては熱帯医学講座に出没する
  • 2019年 感染対策部に出向。虫と便を研究材料にしつつ、相反する感染対策に勤しむ

◆その他

  • 所属学会:内科学会、感染症学会、化学療法学会、エイズ学会、寄生虫学会、臨床寄生虫学会、

    臨床微生物学会、渡航医学会

  • 資格:総合内科専門医、感染症専門医、ICD認定医、日本医師会認定産業医