スタッフ

大学院生 市村 秀俊 HIDETOSHI ICHIMURA

白居易による續座右銘の一節「自問道何如 貴賤安足云」に感銘を受けて以来、己の道について自問し、選択を恐れないことを常に心がけています。その中間結果が下の略歴ですが、これからの人生でどのような茨の道が待ち受けているのか楽しみで仕方がありません。
 病原体-媒介者-宿主がどのような相互関係を築いているのかに興味を持ち、感染症について広く学べると考え獣医学の道に進みました。学部では病原性細菌について研究を行いました。大学院では他の病原体や媒介者に焦点を当ててみたいと考え、熱帯医学講座の門を叩きました。病原体と宿主の関係が解析されるにつれ、「病原体の不在」が与える影響も徐々に明らかとなりつつあります。排除すべきものとされてきた病原体を、我々が生きる生態系の一部として捉え直し、理解し、その結果を少しでも多く社会へ還元できれば幸いです。

◆略歴

2005年 3月
埼玉県北本市立宮内中学校卒業
2005年 4月
群馬工業高等専門学校電子情報工学科入学
 
進学理由は「高校に興味が湧かなかったから」
2005年12月
高等学校卒業程度認定試験合格
2006年 3月
群馬工業高等専門学校電子情報工学科退学
 
恩師の勧めもあり、思い切って社会のレールから外れる
2008年 4月
日本大学生物資源科学部獣医学科入学
 
無事に社会復帰を果たしたかに見える
2009年 3月
日本大学生物資源科学部獣医学科退学
 
周囲から色々と諦められる
2009年 4月
大阪府立大学生命環境科学部獣医学科入学
フランス語と運命の出会いを果たし、留学を志す
2013年 8月
フランス共和国Université de Lille 3留学
渡仏2日目の朝、バゲットを噛んだ瞬間に前歯が折れる
2015年 2月
タイ王国Thammasat University短期研究留学
受入れ先の先生から働きすぎだと怒られる
2016年 3月
大阪府立大学生命環境科学部獣医学科卒業
11年ぶりに最終学歴が更新される
2016年 4月
東京慈恵会医科大学大学院医学研究科入学