スタッフ

テクニシャン 緒方 一智 KAZUTOMO OGATA

緒方在学中に通い詰めた映画館の影響(決定的だったのはアキ・カウリスマキのオールナイト上映だったと思います)で、自分でも映画を創りたくなり、京都工芸繊維大学応用生物学科卒業後、塚本晋也監督に師事。現在も当研究室で働きながら自主映画を創っています。
 生命科学に興味を抱いたのは動物をたくさん飼っていたというのもありますが、子供の頃、手塚治の漫画だけは快く親に買ってもらえたので何度も読み返していたのが最もな理由のような気がします。特に「火の鳥」の復活編、望郷編、鳳凰編は今でも読み返してはぼーっと余韻に浸ってしまいます。昆虫に偏った愛は抱いていなかったのですが、先生方から細部の美しさについて説明を受けたり、顕微鏡を覗かせてもらっているうちにスポーツカーに憧れるような感覚でだんだんと魅了されていってるのが少し怖い今日この頃です。
映画のみならず小説も漫画も音楽も大好きです。お薦めのものなどあれば是非とも教えてください。